alltid オルティッド 暮らしの道具

田川舞 リムプレート小/白
田川舞 リムプレート小/白
田川舞 リムプレート小/白
田川舞 リムプレート小/白
田川舞 リムプレート小/白
田川舞 リムプレート小/白
田川舞 リムプレート小/白
田川舞 リムプレート小/白
田川舞 リムプレート小/白
田川舞 リムプレート小/白
田川舞 リムプレート小/白
  • 田川舞 リムプレート小/白
  • 田川舞 リムプレート小/白
  • 田川舞 リムプレート小/白
  • 田川舞 リムプレート小/白
  • 田川舞 リムプレート小/白
  • 田川舞 リムプレート小/白
  • 田川舞 リムプレート小/白
  • 田川舞 リムプレート小/白
  • 田川舞 リムプレート小/白
  • 田川舞 リムプレート小/白
  • 田川舞 リムプレート小/白

田川舞
リムプレート小/白

¥ 3,850 intax










サイズ直径 約17(13.5)cm/高さ 約1.5cm ()内寸
素材陶器
目止め必要
電子レンジ×
オーブン×
直火×
食洗機×


作家ものの器特有の表情が多く見られます


【直接貫入】焼き上げ後の素地と釉薬の収縮率の違いにより、窯出し後すぐに発生する微細なヒビのような模様

【ピンホール】素焼き後の素地に残った有機物や空気が、釉薬をかけた焼成後に小さな凹み(穴)として現れること

【鉄粉】土にもともと含まれる鉄分が、窯の中で焼かれることで酸化し、それらが黒点となって器の表面に出てくること

【経年貫入】水分を含むことで、素地が膨張しできた貫入から、食べ物や飲み物の色が入り込み、後からヒビのような模様になって現れてくる現象

【釉薬のムラ】手作業でひとつひとつ塗られているため、釉薬が垂れた釉薬溜まりなどが見られたり、全体に均一でないこと

手作りの風合いをお楽しみください


縁や底にみられる所々の凹みや、器表面に入った微細なキズや汚れは、制作過程にできてしまう、自然な現象となります。

特性について


マットな表情のため、ツヤツヤな陶器に比べて経年変化が現れやすい器です。表面に細かい凹凸や貫入(釉薬のヒビのようなもの)があるので、使い続けていくと油や水が馴染んでいき、色味によって変化や模様が生まれていきます。陶器は土でできているため、目に見えない凹凸がたくさんあります。そこに食材が入り込むことで、変色や臭いうつりの原因になることがあります。目止めを行うことで、器の表面をコーティングする効果や、ひび割れの予防にもなりますのでぜひお試しください。



洗練された造形に、温かみを纏うプレート


田川舞 リムプレート 白
信楽の土ならではの素地の緋色が纏った、優しくて落ち着きのある色味の釉薬。
田川舞 リムプレート 白
幅1.5mmほどの小さなリムのあるシンプルな洗練された造形でありながら、全体の雰囲気は、まるで焼き菓子のような。

ふわっと柔らかい、可愛らしい印象をあたえるのは、その釉薬の表情がとても豊かであるから。
田川舞 リムプレート 白
釉薬がうつわの上でみせる結晶と貫入。

うっすらとのぞく緋色とキラキラと輝く釉薬の表情は、自然の景色にも似たものを感じます。
雪の結晶のよう。
田川舞 リムプレート 白
白は、素地の緋色が透けて、ベージュのような、アイボリーような色目で、まるでアイシングクッキーみたい。

緋色が強くでたもの、釉薬の色ムラ、所々にピンホール、鉄粉も見られますが、うつわがみせる全ての表情が豊かで、それらからは、土ものならではの温かみを感じることができます。
田川舞 リムプレート 白
リム部分にできた釉溜まりと、縁の緋色のグラデーションがとても綺麗
田川舞 リムプレート 白
五寸サイズのこちらのプレートには、カットケーキや、焼き菓子をのせて。
田川舞 リムプレート 白
サラダやお料理の取り分けにも。
田川舞 リムプレート 白
カップと組み合わせて、ソーサーとしてもおすすめです。

同じ釉薬同士、他の釉薬の色目と合わせても可愛い。
田川舞 リムプレート 白
田川さんの洗練された造形センスと土との対話から生まれた温かみが残る雰囲気のバランスが、とても心地の良いうつわたち。

「焼き上がり後が楽しみで、窯の蓋を開けた瞬間の、やっと出会えた瞬間がすごく好き」
そうおっしゃる田川さんのその言葉に、土を愛し、作品に真摯に向き合う想いが伝わってきます。
田川舞 リムプレート 白
マットな表情は、使い続けていくと油や水が馴染んでいき、色味によって変化や模様が生まれていきます。

白や薄青のうつわは、しっとりとベージュ感が増していったり。
紺やグレーのうつわは、重厚感が増すような風合いに変化します。
田川舞 リムプレート 白
そんな変化も愛おしい。

私たちの暮らしと共に歩んでくれるうつわです。

【白い器の色味について】

白の釉薬の作品に関して、素地の緋色が強くあらわれているものは、ベージュ寄りの色味となっております。
今回の入荷作品ですと、スープカップ、マグカップB、五寸プレートリム無しは比較的白に近く、マグカップA、リムプレート小、オーバル小、豆皿はアイボリー寄りの色味、パスタ皿はベージュ寄りの色味となっております。

【ピンホールや釉薬のはじけについて】

どの色味の釉薬にも、ピンホールと呼ばれる小さな穴や、釉薬のはじけた後が所々にみられます。
うつわの表情として、楽しんでいただけましたら幸いです。

ご購入はこちら